復縁に失敗する人の特徴まとめ!こんな人はよりを戻せない!

復縁に失敗する人の特徴まとめ!こんな人はよりを戻せない!

こんにちは。

さて、今回の記事では「復縁に失敗してしまう人の特徴」を色々と書かせてもらおうかと思っているのですが…どんなに頑張っても復縁に失敗してしまう人は正直存在します。

それは、ちょっとしたポイントを掴んでいないためなんですね。

 

そこで今回は、反面教師として復縁に失敗してしまう特徴をまとめていきますので、今現在復縁活動中の方は是非参考にしてみて下さい!

 

復縁執事
失敗を元に復縁の成功を学びましょう!

 

復縁に失敗する人は“かけ引き”がヘタ

復縁に失敗する人はとにかく“かけ引き”がヘタなケースが多いです。

復縁においてのかけ引きは様々あるのですが…一気にお話ししても頭に入らないと思いますので、1つずつまとめていくことにしましょうか!

LINEやメールのかけ引き

復縁においてのかけ引きにはLINEやメールを使用したものがあります。

これは、このブログでも口をすっぱくして言わせていただいているかけ引きなのですが、基本的にこのような感じです。

・LINEやメールの頻度を調整して相手に興味を持たせる
・メッセージの意味合いを気にかけさせる内容にする
・最終的に会う約束をこぎつける

このような基本的なかけ引きが出来ていないと、復縁は確実に失敗すると思って下さい!

なので、元彼や元カノと復縁したいと本気で望んでいるのなら、少し腹黒くなってもいいのでLINEやメールのメッセージを少し工夫するように心掛けましょう。

会ってからのかけ引き

LINEやメールのかけ引きで復縁を成功させてしまうパターンもありますが、それは微々たるもの。

1番多いのは、LINEやメールから発展して会ってから復縁するパターンです。

 

しかし、元彼や元カノと久々に会った時上手にかけ引きが出来ないと、復縁の可能性はガクンと落ちてしまうんですね。

なので、復縁を望んでいる相手と会うことが出来たら次のようなことを気をつけて下さい…

・別れる前よりも相手に優しく接する
・気遣いが出来る人間を演じる
・時折恋愛話をする
・復縁したいことを回りくどく話す

元彼や元カノと久しぶりに会うと、少なからずドキドキしてしまうものです。

そんな展開で、付き合っていた頃よりも「優しい」「気遣いが出来る」というだけでも相手の気持ちを動かせるんですよ?

 

また、時折恋愛話をすることによって以前付き合っていた時の記憶を蘇らせることも出来ますし、復縁したい旨を回りくどく話すことによって「まだ俺(私)に気があるのかな?」と相手に興味を持たせることが出来ます。

 

こういったかけ引きを上手に行うことによって、復縁への可能性が高くなるんですね。

ウザい人は復縁に失敗する

復縁が中々うまくいかない時には自暴自棄になってしまい、次のような発言をしてしまう人がいます…

・「よりを戻せる可能性はないの?!」
・「私よりもいい人見つけたの?!」
・「俺はいつまでも待ってるから」

もしも、自分がフッた相手からこのような発言をされたらどのように思いますか?!大抵の人なら「なんかウザいな…」と思ってしまうはずです。

なので、復縁期間中でもこのような発言は控えたほうがいいかと思います。

 

しかし、これは相手の性格によって様々ですので一概にも「言ってはいけない!」とは言えないのが正直なところ。

なので、今まで付き合っていた相手の性格も考慮して発言するように心掛けた方がいいですね。

異性と連絡を取ってしまう人も復縁に失敗する

復縁したいと思っている相手がいるのにも関わらず、異性と連絡を取ったり遊んでしまう人は復縁が失敗に終わってしまうケースが非常に多くあります。

風の噂とは怖いもので、こういった情報もすぐに復縁したい相手に届いてしまうんですよ。

 

僕の周りでも、このような事から復縁に失敗してしまった人がいますので、復縁期間中は出来るだけ異性と連絡を取ったり遊んだりしないほうが懸命だと思いますね。

【ポイント】
・復縁期間中は絶対に異性と遊んだりしない
・復縁したい相手だけを考えて生活する

1度復縁に失敗しただけで諦めてしまうのはよくない

1度復縁に失敗しただけで諦めてしまうのはよくない

復縁に失敗してしまう人の特徴として「すぐに諦めてしまう」というのも挙げられます。

僕は今まで様々な人の復縁を見届けてきたわけでありますが、多くの人は1回復縁を断られただけで諦めてしまうんですよね…。

 

しかし、僕から言わせると1回復縁を断られただけで諦めてしまうのは非常に勿体ない!!

 

復縁というのは1回くらい断られるのが普通ですので、そこで諦めてしまうと今までの努力が水の泡になってしまうのです。

なので、1度復縁に失敗したからと言って諦めてしまうのはやめましょう。

 

復縁に失敗しても、また冷却期間をしっかりと置きLINEやメールのかけ引きから始めると復縁の可能性が一気にアップするケースだってあるんですよ?

 

復縁執事
1~2回振られるのが復縁の平均的な数字です。

 

よりを戻せるかどうかは頑張り次第

今現在復縁をしたいと思っている相手は、少なからず自分が過去に付き合ったことがある相手ですので色々な特徴や癖、性格が分かっているはず!

僕はその相手の事を何も分かりませんので的確なアドバイスをすることが出来ませんが、復縁は最終的に「自分の頑張り次第」となってきますので、まずは諦めないで頑張ることにしましょう!

 

相手に彼氏や彼女が出来てしまえば話は別ですが、そうでない限りは全力で復縁活動に挑むように心掛けて下さい。

どんな困難も、諦めなかった人だけに成功が訪れますので自分を信じて行動するのみです!

まとめ

さて、今回は復縁に失敗してしまう人の特徴を色々と書かせていただきましたが、声を大にして言いたいのは…

腹黒くなってもいいので“かけ引き”を上手く行おう!

…といいうことです。

 

復縁においては少しくらい腹黒くなって演技をするのが丁度いいです。

なので、今現在復縁活動中の方は少し思考を変えて相手にアプローチをしてみるようにしましょう!

 

また、ピンポイントでアドバイスをもらいたい方はプロの復縁セラピストの無料メール相談を活用してもいいかと思います。

自分の現状を細かく相談出来ますので、活用する価値は十分にあるかと思いますので。

 

それでは!

 

復縁執事
まずは諦めないことが大事!絶対に成功するはずです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です