別れてから2週間目が復縁しやすい3つの理由

別れてから2週間目が復縁しやすい3つの理由

彼性や彼女に振られてしまったけれど「どうしても復縁したい!」と諦めきれない方も多いかと思います。

しかし、振られてしまったため奥手になってしまい復縁アピールを上手に出来なくなり「疎遠」になってしまうことも…。

ですが、しっかりとした復縁方法を試すことにより「2週間で復縁することは可能」だということを覚えておきましょう。

復縁執事
別れて2週間目が復縁の絶好のタイミングです!

スポンサーリンク

別れて2週間目が復縁しやすい絶好のタイミング

別れて2週間目が復縁しやすい絶好のタイミング

別れてから2週間もすると「復縁出来る可能性はないのかな…」とヘコみがちになってしまいますが、別れてから2週間目が復縁において絶好のタイミングだということを覚えておきましょう。

時間が過ぎるにつれて焦りだすかと思いますが、別れてからの時間は「冷却期間」といって復縁に置いて凄く大切な時間!

なので、別れてしまい離れ離れになっている時間も「復縁のための時間」だと自分に思い込ませなくてはいけません。

しかしながら、唐突に「別れてから2週間目が復縁のタイミング」だと言われても根拠が分からないと思いますので今回は、別れてから2週間目が復縁しやすい「3つの理由」をご紹介したいと思います。

1:別れてから2週間経つと寂しく感じる

特に男性の場合なのですが、今まで付き合っていた彼女とどんな理由で別れてしまっても2週間経つと必ず「寂しい」と感じてしまうんです。

これは、この記事を書いている僕も経験していますし、僕の友人達も経験していることなので信憑性があると言えますね。

「喧嘩別れ」「浮気」「マンネリ化」…別れ方は様々あるかと思いますが、別れてから1週間目は「自由になった…」という解放感でそんなに別れて相手のことを考えませんが、それから数日すると「寂しい」という気持ちの方が勝ってきます。

これは、どんな人にも訪れる感情ですので、このタイミングを見計らって復縁を迫るとスムーズによりを戻せると僕は思っています。

・別れて2週間経つと寂しく感じる
・このタイミングを狙うと復縁しやすい

2:冷静になって考えられるようになる

先ほども言ったように別れ方は人それぞれかと思いますが、どんな別れ方をしても大抵の場合は2週間も経てば客観的に考えられるようになり「別れなければよかったかな…」と少なからず思うようになります。

自分に置き換えて考えてみてもらいたいのですが、どんなに喧嘩した相手でも時間が経つと「私も悪かったかな…」と思ってきますよね?

この心理は復縁において非常に役立つことを覚えておきましょう。

別れてから2週間目くらいが丁度「冷静に考えられる期間」となっていて、このタイミングでうまくかけ引きが出来る人は復縁しやすいです。

・別れて2週間目が冷静になれる期間
・心理を利用して復縁出来るチャンス

3:彼氏・彼女の大切さに気付く

別れてから2週間くらい経つとようやく彼氏や彼女の大切さに気づき始めるのですが、このタイミングも絶好の復縁チャンスだと言えます。

別れてから2週間くらいは全く会うこともなくなるかと思いますが、今まで一緒にいた人と全く会わなくなることで相手の「大切さ」に気づくように…。

別れてから1週間くらいは平然な顔を装うのが一般的ですが、付き合っていた相手と別れて平然と出来る人はごくわずかです。

大抵の人は、心の中で少なからず「モヤモヤした気持ち」を抱えていて、2週間くらい経つと自分の気持ちに素直になり「大切な人だったんだな…」と気づくようになるんですね。

・別れて2週間目が相手の大切さに気がつきやすい
・大切さに気づいた時が絶好の復縁チャンス

時期を逃すと復縁も逃す

ここまで「別れて2週間目が復縁しやすい理由」を書かせていただきましたが、別れて2週間目は復縁におけるファースト期間ということを覚えておいて下さい。

これは人間の心理に基づいた復縁期間なのですが、別れて2週間目を逃すと次は「別れて1ヶ月目」になります。

そして、セカンド期間の別れて1ヶ月目が過ぎてしまうと次は3か月目…その次は半年と徐々に幅が広がっていってしまうので要注意!

それもそのはず、人間は「時間が経つと忘れる生き物」ですので、復縁を強く望んでいない限り別れた相手のことを忘れて「次の相手」を探そうとするのです。

なので、本気で復縁したい相手がいるのなら十分な冷却期間を取ったらすぐ「かけ引きメール」を送り会う約束をした方がいいのです。

そして、タイミングを見計らって復縁アピール…というのが復縁の鉄則!!

時期を逃すと、大事な人との復縁も逃してしまいますので要注意です。

・別れてからも復縁のタイミングを見計らう
・別れて2週間目、1ヶ月後、3ヶ月後が復縁しやすい

別れて2週間が過ぎてしまっても焦らなくて大丈夫

人の心を読んで行動することが出来るタイプの方は、別れてから2週間目でしっかりと復縁出来るケースが多いですが、そんな簡単にいかないのも復縁。

大抵の人は「心理学」なんて学んでいませんので、あやふやな心理作戦を行ったりするのが一般的です。

なので、別れてから2週間目で復縁までこぎつけられない方も大勢いますが、別れてから1ヶ月目くらいまでは復縁のファースト期間ですので焦らず復縁活動をするようにしましょう。

現に、僕は振られてしまった彼女と1ヶ月目で復縁したこともありますし、僕が相談を受けた女友達も別れて3週間目で復縁したこともありました。

なので、本気で別れた相手と復縁したいと思うのであれば最低でも1ヶ月はみた方がいいかもしれませんね。

・別れてから1ヶ月間は焦らなくても大丈夫
・極力「会う約束」をこぎつけることが大事

別れてから2週間以内でやってはいけないこと

大好きな人に振られてしまうと「どうしての復縁したいッ!」と思うようになり、あの手この手を使いたくなりますが…少し冷静にならないと復縁のチャンスを逃してしまいますので要注意!

メール内容には要注意!

特に次のようなメールは絶対に送らないようにして下さい…

・絶対に別れたくない!なんでもするからよりを戻して!
・もう生きていけないよ…もう一度考え直して…

このような内容のメールを送ってしまうと、相手に「恐怖心」を生ませてしまいますので復縁には逆効果になります。

こういった内容のメールを送りたくなる心理はよく分かりますが、グッと抑えて冷静さを保ったメールを送るようにしましょう。

共通の友達に頼りすぎない

これは若い年齢の人がやってしまいがちな復縁方法なのですが…共通の友達に元彼・元カノへアポイントを取ってもらうと、復縁の確率が下がってしまうことを覚えておきましょう。

共通の友達から元彼や元カノに「あいつと復縁してやってよ?」と言ってもらうのは簡単ですが、言われた本人は…

「なんで遠回しに言われなきゃいけないの?」

このように少しイラっとしてしまうのが本心。

また、このことにより元彼や元カノが共通の友人と仲が悪くなることもありますので、十分に気をつけなくてはいけません。

・復縁の確率が下がる
・他の人も巻き込んでしまう

まとめ

今回は、別れて2週間目が何故復縁しやすいタイミングなのか?をご説明させていただきましたが、別れて2週間目は本当に復縁出来るチャンスですのでタイミングを逃さないようにして下さい。

しかし、なんども言うように別れてから1ヶ月間は「復縁しやすい期間」と言えますので、まずは「会う約束」をとることだけ考えて下さい。

会う約束を取ることが出来ると、確実に復縁へ近づきますので。

復縁執事
復縁の秘訣は「会う約束」を取れるか取れないか!全力で頑張りましょう!

【※無料の復縁メール相談は絶対に活用するべき!】

詳しくまとめた記事もあります↓

絶対復縁宣言の無料メール相談は活用すべき!復縁の確率が一気にアップ可能性も!

この復縁サイトは男子である僕の目線から復縁方法をご説明させていますが、人によって状況が様々なので内容がしっくりと来なかった方もいるかと思います。

そんな方は1度復縁セラピストに直接メールで無料相談してみるのも1つの手!

復縁セラピストとは、復縁に関するプロであり心理作戦もバッチリアドバイスしてくれるのでピンポイントなアドバイスをもらえます。

このブログでご紹介している復縁セラピストは、女性誌のananなどにも取り上げられた実績がありますのでご存知の方も多いでしょう。

僕の場合は記事でしか復縁のアドバイスが出来ませんが、復縁セラピストの場合は「その人に合った復縁方法」を教えてくれるのが魅力的。

こちらのメール復縁相談は無料で行っていますので、本気で元彼と復縁を望んでいるのなら絶対に利用した方がいいかと思いますよ?

ウジウジ悩むよりもまずは行動!

行動を起こさないといつまで経っても元彼と復縁出来ないし、元彼に新しいパートナーが出来てしまう可能性もありますので要注意!

自分の状況にマッチした復縁アドバイスをもらうなら、復縁セラピストの無料メール相談を上手に使いましょう。(無料は初回だけですが十分にアドバイスをもらうことが出来ます!)

 

参考記事:絶対復縁宣言の無料メール相談は活用すべき!復縁の確率が一気にアップ可能性も!

こちらの記事に詳細を書いていますので、気になる方は読んでみて下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク