復縁に失敗したときの対処法は覚えておくべき

復縁に失敗したときの対処法を覚えておこう

元彼や元カノと復縁したくて色々とアピールしたけれど…フラれてしまった。

このような方もいるかと思いますが、1度や2度復縁に失敗したかといって可能性がなくなる訳ではありませんので安心して大丈夫。

そこで今回は、復縁に失敗したときの対処法をいくつかご紹介させていただきますので、現在復縁に失敗してしまった方や、これから復縁活動をする方は是非参考にしてみて下さい。

 

復縁執事
対処法をしっておくと逆に復縁出来る可能性が高まります。

復縁に失敗した原因

復縁に失敗した原因

まず、第一に考えなくてはいけないのが「復縁に失敗した原因」です。

失敗した原因をしっかりと把握しなければ、対処法を試すことが出来ませんので「何がいけなかったのか?」を考えてみましょう。

 

多分、僕が思うにこのような事が原因で復縁に失敗したんだと思います…

・冷却期間を十分に取らなかった
・押しが強すぎた
・かけ引きを上手くできなかった
・友人を利用した
・タイミングが合っていなかった

復縁に失敗してしまう方に多く見られるのが、このような点になります。

 

復縁したいからと焦って連絡を入れすぎたり、復縁の可能性が少ないのに冷却期間を置かなかったというのが復縁においては1番まずい…。

僕はこのブログで何度も「復縁はかけ引きだ」と言わせていただいておりますが、それは本当でかけ引きを誤ってしまうと復縁することは絶対に出来ません。

 

まぁ、中学生や高校生の場合は「その時の気持ち」で行動しますので復縁が簡単に行くことが多いですが、社会人ともなればしっかりとした「かけ引き」を行わない限り復縁は厳しくなってきます。

なので、復縁が失敗してしまったときは「何が原因だったのか?」を詳しく分析してみるようにしましょう。

復縁が失敗したときの対処法

さて、それでは復縁が失敗してしまったときの対処法をいくつかご紹介させていただきますので、復縁が失敗してしまった方は試すようにして、これから復縁活動をするかたは是非覚えておいてください。

連絡を控える

1度復縁に失敗してしまったら、数週間は連絡を控えたほうがいいかと思いますね。

ちなみに、ポイントとしてはピタッっと連絡をストップすること。

 

復縁に失敗してしまうと焦ってしまい自暴自棄になりがちですが、そうやってウザいくらいに連絡してしまうと拒否されてしまう可能性がありますので、まずは連絡することを止めるようにしましょう。

【チェックポイント】
・ピタッっと連絡をストップする
・2週間後くらいに突然連絡を入れてみる

友達としての距離感覚を死守する

フラれて別れてしまった挙句、復縁にも失敗してしまうと友達関係すら難しくなってしまう場合がありますが、友達関係は絶対に死守して下さい。

復縁とは「どれだけいい友達関係に戻れたか?」で決まるケースも多いですので、復縁に失敗してしまったとしても友達関係はキープしましょう。

 

そうしていると、少し期間を置いたころ確実に復縁のタイミングは訪れます。

【チェックポイント】
・友達としての距離を保つようにする
・タイミングを見逃さない

連絡してこないでと言われたら

復縁に失敗してしまうと「もう…連絡してこないで?」とキッパリ言われてしまうことも少なくないのですが、このような場合は取り乱してはいけません。

この記事を読んでいる方の中にも、このように言われてしまった人がいるかもしれませんが、復縁の可能性はまだありますので次の行動を取るようにして下さい。

1ヶ月後に連絡を入れてみる

復縁に失敗して「連絡してこないで」と言われたとしても、大抵の場合1ヶ月もしたらその時の感情を忘れてしまっているので連絡しても大丈夫!

むしろ、1ヵ月も経ってから連絡すると「懐かしさ」の方が勝りますので復縁には絶好のチャンスになるんですよね。

 

また、連絡をするならLINEやメールよりも「電話」にしたほうが僕はいいと思います。

電話だと相手に感情を伝えることが出来ますのでおすすめ!

悩み事の相談をしてみる

連絡してこないで!と言われたのは「今は復縁アピールを受け付けられない」ということですので、他愛もない内容の「悩み相談」で連絡を入れて友達関係を修復するようにしましょう。

復縁を断った相手だとしても、他愛もない話や悩み事相談の場合は連絡を取ってくれると思うし、その行動が復縁に結びつくことも…。

 

なので、連絡してこないで!と言われたとしても「友達関係」を崩さないような行動を取るようにしましょう。

復縁活動が失敗に終わっても…

正直に言いますが、復縁活動をして1回で復縁出来るひとは少ないです。

元彼、元カノと復縁出来た人の多くは大体2~3回は復縁アピールをしてよりを戻すことに成功しているんですよね。

 

実際に、僕もフラれた元カノと復縁を頑張ったことがありましたが、かれこれ4回復縁に失敗してしまったんですよね…。

しかし、僕は元カノのことを本気で大好きでしたので諦めずに復縁活動をかけ引きを頑張っていたのですが…最終的には頑張っている気持ちが元カノに伝わって復縁することが出来ちゃいました。

 

また、僕の女友達も元彼のことを忘れられなくて何度も復縁アピールをしていたのですが、何回か失敗した末によりを戻しています。(数人)

なので、今現在復縁に失敗して悩んでいる方は「諦めない」という気持ちを持つようにして下さい。

 

1度復縁に失敗してしまうと、また冷却期間を設けなくてはいけなくなり復縁が遠ざかってしまいますが、可能性が0になったわけではありません!

最後まで諦めなかった人に、復縁の神様が訪れると言うことですね。

 

復縁執事
諦めの気持ちを抱いてしまうと絶対に復縁することは出来ません!要注意です。

次回失敗に終わらないために

1度復縁アピールで失敗してしまうと「次はうまく行くかな…」と不安になってしまいますが、これから説明することをうまくやれば復縁の可能性がアップすると思います。

なので、「まだまだ諦められない!」という方は是非参考にして下さいね!

メールでのかけ引きは頭を使って!

なんとなくメールを送っている…という方は、今すぐ「かけ引きメール」を実行するようにして下さい。

恋愛とは「心理作戦」でうまく行くようになっていますので、いくらメールしてもかけ引きがうまく出来ていない場合はいつまで経っても復縁は出来ません。

 

かけ引きメールについては、こちらの記事でまとめていますので是非参考にして下さい。

冷却期間をしっかりと把握する

復縁に失敗してしまったら確実に「冷却期間」を設けなくてはいけません。

なので、次回の復縁アピールで失敗しないためにも冷却期間をしっかりと把握して行動を起こさなければいけないと言えます。

 

冷却期間は人によって異なる場合がありますが、冷却期間についてもこちらの記事で詳しくご説明していますので参考にしてみて下さい。

タイミングを逃さないようにする

次回の復縁アピールにふさわしい日は、明日訪れるかもしれませんし明後日かもしれません。

復縁というのはタイミングがとても重要になってきますので、ちょっとしたことでも「これはタイミングなのかな?」と気にかけるようにして下さい。

 

ちなみに、タイミングを間違えてしまうと一向に復縁することが出来ませんので要注意です。

まとめ

復縁に失敗したとしても、今回ご紹介した対処法を行うようにすると確実に次回の復縁チャンスが訪れます。

後は、相手とのかけ引きを上手く行うようにして告白するのみ!

 

僕の経験上、復縁は本気で臨めば確実に叶いますので、復縁出来るまで諦めず様々なアクションを起こすようにしましょう。

大丈夫。

絶対に復縁出来ますので!

 

復縁執事
1~2回の失敗で諦めてはいけません!復縁は何度でも立ち上がるのが成功のポイントです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です