復縁出来る可能性は別れ方によって異なるがゼロではない

今回は、元彼や元カノにおける「復縁出来る可能性」について書いていきたいと思うのですが、結論から言うと「別れ方」によって復縁出来る可能性は異なってきます。

復縁執事
まずは自分が恋人と別れてしまった原因を思い出してみて下さい。

スポンサーリンク

別れ方によって復縁の可能性が異なる理由

別れ方によって復縁の可能性が異なる理由

これは分かり切っている事なのですが、「喧嘩別れ」と「自分の浮気」が原因で別れたなら当然喧嘩別れの方が復縁しやすいですよね?

なので、一概にも「復縁出来る可能性は十分にありますよ!」なんて言えないんですよね…。(不安にさせてすみません)

ちなみに、別れ方によっての復縁確率は僕はこのように思っています…

・喧嘩別れした場合…復縁の可能性98%
・マンネリ化した場合…復縁の可能性90%
・遠距離で別れた場合…復縁の可能性80%
・相手に好きな人が出来た場合…復縁の可能性60%
・自分の浮気で別れた場合…復縁の可能性30%

このパーセンテージは僕の経験上からの数値ですので「こんな感じなんだ~」程度で思っていただけたらと思います。

しかしながら、経験上ではこの数値は信憑性があるものだと僕は思いますよ。

この数値から分かるように、復縁出来る可能性は「別れ方」によって決まると言っても過言ではありませんのでよく覚えておきましょう。

復縁の可能性をアップさせるには?

復縁の可能性は別れ方によって大体決まってしまいますので、どうあがいても変わりません。

しかし、自分の力で復縁の可能性をアップさせることは可能ですので、次のような行動を起こしてみるようにして下さい。

かけ引きメールを上手に送る

復縁に置いて最も大事なのは心理作戦を要する「かけ引きメール」になります。

今の時代、連絡手段と言えばLINEのようなメールが主流ですので、上手に相手の気持ちを揺さぶるメールを送って復縁の可能性をアップさせなくてはいけません。

かけ引きメールが上手くいくと、相手の感情を揺さぶって自分に関心を持たせるだって簡単に出来るんですよ?

気になる方は是非こちらの記事を読んでみて下さい。

冷却期間をキッチリと置く

僕はこのサイトの記事で「冷却期間は大事!」と口をすっぱくして言わせていただいているのですが、別れた相手と連絡を全く取らない冷却期間は相手に別れてしまったことを後悔させるチャンス期間なので重要。

冷却期間を判断して上手に相手を遠ざけることによって、相手の気持ちを自分に戻すことが出来るんですよね。

こちらの記事で、冷却期間について詳しく書いていますので是非読んでみて下さい。

相手に気持ちを伝えて一気に引く

これも一種のかけ引きなのですが、元彼や元カノに「まだ好きだから…」という気持ちを伝えてから一気に身を引いてみて下さい。

そうすると、相手は「今まで連絡があったのに…急にどうしたんだ?」という不安心理が働きますので、振った相手でも気になってしまうんですよね。

このような行動を取ることによって、復縁の可能性はグンッと上がってくるという訳なのです。

SNSに自分の状況をアップする

ツイッターやフェイスブックなどを利用している方は、どんどん自分の状況をSNSにアップするようにしましょう。

大抵の場合は、自分が振った相手であっても必ず別れた後にSNSをチェックします。

別れて後に相手のSNSをチェックするのは、今まで一緒にいた人の行動が気になるからなのですが、自分の振った相手の近況が気になるというのも1つの心理。

なので、別れた相手がSNSを見ていると思って様々な「かけ引き投稿」をするようにしましょう!

・今日は仕事を頑張ったけど…まだ元気でないかな?
・1人になるとやっぱり寂しいな…忘れることは難しい(^-^;

このような、前向きであり寂しさを感じさせる投稿は別れた相手に「そっか~…ヘコんでいるんだな…」と思わせることが出来ますので率先して行いましょう。

しかし、次のような投稿はNGです…

・今日あそこのお店に友達と行って超楽しかった!
・最近毎日が楽しい!やっぱ1人になってよかったよ!

このような内容をSNSに投稿してしまうと、別れた相手は…

「なんだ…逆に別れたかったんじゃないの?」

「別れても元気なんだ…ふ~ん」

こんな感じに思ってしまい、復縁からより一層遠ざかってしまうんですね。

人間とは、自分の振った相手には「いつまで経っても自分を好きでいてほしい」という思いが少なからずありますので、このような内容の投稿を見ると一気に冷めてしまうんです。

ですので、元彼や元カノとの復縁の可能性をアップさせたいのであればSNSでも名演技を繰り広げたほうが僕はいいかと思います。

何やら腹黒い内容になってしまいましたが、復縁とは心理作戦が全てですので詰めるところはしっかりと詰めていきましょう。

どんな別れ方でも可能性はゼロではない

ここでハッキリとお話ししておきますが、どんな別れ方であっても復縁の可能性はゼロではないことを覚えておいてください。

確かに別れ方によって復縁の可能性は変わってきますが、どんな別れ方にしろ復縁の可能性はゼロではないんです。

ちなみに、僕が復縁の相談を受けた女性の知り合いは「自分の浮気」で彼氏に振られてしまったのですが、振られてから彼氏の大切さに気がついて浮気したことを本気で後悔していました。

なので、僕は…

「彼氏の前で電話帳を全て削除して、新しいスマホを契約しに行ってみたら?」

このように提案したのですが…別れた後だったので彼氏は会ってもくれませんでした。

しかし、しっかりと冷却期間を置いてタイミングを図って連絡したら「会う約束」をすることに成功!

そして、元彼と一緒にスマホの電話帳を消去、新しいスマホを契約…といった流れを踏んだら「これで最後」という条件で復縁することが出来ました。

このように、自分の浮気が原因だったとしても相手と復縁出来る可能性はゼロではありませんので、どんな別れ方であっても諦めないで頑張ってみることが大事!

【チェックポイント】
・どんな別れ方でも復縁の可能性は十分にある
・復縁の可能性はゼロではないことを認識する

復縁において大事なこと

復縁において大事なことは次の通り…

・絶対に諦めない気持ち
・何年かかってもいい!という気持ち
・かけ引き上手になる
・ヘコたれない

そう…元彼や元カノとの復縁で重要なのは「自分の気持ち」なんですね。

僕が今まで復縁活動してきて思ったのは、諦めないで全力で頑張ったひとのみ復縁出来ているということ。

嘘をつくのは嫌なのでハッキリと言いますが、僕が復縁相談受けた人の中で復縁に失敗した人もいます。

その原因は、途中で諦めてしまうから…。

最初は「絶対復縁したい!」と意気込んでいるのですが、1回2回脈なしアピールをされただけで「もう…いいや。」となってしまうんですよね。

復縁なんて振られるのが当たり前だと思って挑まなければいけないものだと僕は思っています。

現に、何回も振られて3年後にようやく復縁出来た方もいましたので、最後まで絶対に諦めてはいけません。

ちなみに、「最後まで」とは相手が誰かと結婚してしまうまでです。

なので、これから元彼や元カノと復縁したいと思っているのであれば、絶対に諦めないで頑張って下さい!

まとめ

今回は「復縁出来る可能性」について色々と書かせていただきましたが、復縁の可能性はゼロではないので諦めないで頑張りましょう!ということです。

このサイトにも復縁の方法を細かく書かせていただいていますので、これから復縁を希望している方は全部の記事を読むようにして下さい!

そうすると、確実に自分に合った復縁方法が見つかると思いますので!

復縁執事
復縁は諦めない限り可能性はゼロになりませんよ!なので全力で頑張りましょう!

【※無料の復縁メール相談は絶対に活用するべき!】

詳しくまとめた記事もあります↓

絶対復縁宣言の無料メール相談は活用すべき!復縁の確率が一気にアップ可能性も!

この復縁サイトは男子である僕の目線から復縁方法をご説明させていますが、人によって状況が様々なので内容がしっくりと来なかった方もいるかと思います。

そんな方は1度復縁セラピストに直接メールで無料相談してみるのも1つの手!

復縁セラピストとは、復縁に関するプロであり心理作戦もバッチリアドバイスしてくれるのでピンポイントなアドバイスをもらえます。

このブログでご紹介している復縁セラピストは、女性誌のananなどにも取り上げられた実績がありますのでご存知の方も多いでしょう。

僕の場合は記事でしか復縁のアドバイスが出来ませんが、復縁セラピストの場合は「その人に合った復縁方法」を教えてくれるのが魅力的。

こちらのメール復縁相談は無料で行っていますので、本気で元彼と復縁を望んでいるのなら絶対に利用した方がいいかと思いますよ?

ウジウジ悩むよりもまずは行動!

行動を起こさないといつまで経っても元彼と復縁出来ないし、元彼に新しいパートナーが出来てしまう可能性もありますので要注意!

自分の状況にマッチした復縁アドバイスをもらうなら、復縁セラピストの無料メール相談を上手に使いましょう。(無料は初回だけですが十分にアドバイスをもらうことが出来ます!)

 

参考記事:絶対復縁宣言の無料メール相談は活用すべき!復縁の確率が一気にアップ可能性も!

こちらの記事に詳細を書いていますので、気になる方は読んでみて下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク